予定

次回出場予定 2018年は未定です。地道に基礎体力を造っております。 ラオスにて障害者陸上を指導中

2015年6月23日火曜日

健忘録

入梅時期ですが、わりと雨が少なく感じるのは僕だけでしょうか?
風向きも北よりが多く吹いている気もしています。

こんにちわ!!
いかがお過ごしでしょうか?

さて、先週は往復、二泊三日で約1800kmのリハビリドライブ。
そのうちの第一目標であった「恐山」

予定をたてたり、行事に合わせて行けばもっと充実した訪問になるのでしょうが、どうもその方の計画性が全くないようで、常に行き当たりばったりです。

僕の人生そのもののような感じです。
言い訳としては、緻密に計画を練るとその時点で面倒くさくなり実行に移せないような気がしてならず、行きたいときが行き時なのだ!!と言い訳をしています。

さて、恐山ですが…
個人的には特定な宗教は信仰していません。

前回書いていますが、本を読んで好きになったとかその程度です。
ですが、好きな人のほとんどが宗派、宗教などはこだわらず、そもそも宗教とは人間の救済を目的としているので、宗派、宗教はさほど問題ではないと仰っています。

なので、恐山や天台寺など全く気にせず訪問します。

さて恐山ですが…確かに遠いです。
よくもまあこんな秘境に作ったもんだな〜と。
車で行けども行けども着きません。

挙げ句の果てに着くとそこは圏外。

なんとなく空気がピーンとしている感じ。
前日、よく眠れず若干の頭痛があったのですが、散策中は痛みを忘れていました。

事前情報では恐ろしい場所とか見ていたのですが、全くそのように感じられず静寂が辺りを包んでいました。

廻る順序もパンフレットを見ないタイプの人間なので適当に。

でも、不思議でした。
あんなに硫黄があるのに草木が生い茂るのですね。
硫黄の臭いが充満していて岩の色も白や黒に変色。

その風景がきっと恐ろしいイメージを醸し出しているように思いました。

その奥に極楽浜
非常にきれいな水でした。
南国のプライベートビーチを彷彿させるような場所です。

硫黄の充満している場所が地獄で、極楽浜が天国を表現しているように感じました。

月曜日というのの幸いし、ほとんど人もいなくのんびりと散策する事ができて大変満足できた貴重な時間でした。

恐山を後にしてどうしようかと…
とりあえず、天台寺の方向へ向かってみようと…

向かってみると以外と近くて、当日中に着いてしまい散策も無事にできました。

残念ながら工事中でした。
まぁ、この辺が無計画の僕らしいところですかね…

こちらの方は、恐山と違い空気がゆっくりと流れているように感じました。
個人的には天台寺の空気感の方が合います。

タイプが全く異なる双方のお寺。
それぞれにいい雰囲気で非常にいい経験をさせてもらいました。

天台寺を後にし盛岡まで走りそこで宿泊。
名物、「冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば」です。
わんこそば以外は食べた事がありいい印象は余りなく悩んだのですが食べる事に…

結論から言うと、全く別物でした。
非常においしかったです。
やはり地元とそうでない所で食べるのは全くの別物と思った方がいいようです。


翌朝、恒例の朝の徘徊で駅まで行き、観光名所の看板を見つけると鍾乳洞があるじゃないですか…
ですが、ここから約2時間強、65km程度…

鍾乳洞と言えば、秋芳洞は一度は行ってみたい場所の一つではありましたが…
日本三大鍾乳洞の一つという事で…
行きました。

なかなか見応えのある所でした。
ここも他に客がいなくのんびり、ゆっくりと散策出来てラッキーでした。

初、鍾乳洞でしたが個人的に好きな部類なので面白かったです。
川口探検隊の雰囲気も味わえましたし…


行き当たりばったりの東北往復1800kmのリハビリドライブ。
当初は無謀かとも思いましたが、なんとか目的は達成出来ておまけまで付ける事が出来ました。

この自身が大きく、徐々に範囲を広げて行こうと思っています。

とは言え、まだ人ごみが怖いのが抜けきれません。
ここは焦らず安全サイドで乗り越えるべき事だと思っています。

ちょっとザックリすぎるかもしれませんが健忘録として…
参考になれば…
ならねえだろうな〜〜〜

本日もお付き合いありがとうございました。
多謝、羽根。

0 件のコメント:

コメントを投稿