予定

次回出場予定 2018年は未定です。地道に基礎体力を造っております。 ラオスにて障害者陸上を指導中

2015年6月28日日曜日

病状

2015年も半分を過ぎようとしています。
天候不順が身体にきつく感じる今日この頃です。

いかがお過ごしですか?

今日は病状を少し書き残したいと思います。

膠原病の多発性筋炎。
最終の検査のCPK値は6月4日の162
それ以降、通院は1回/月になりました。

その間は検査はしていません。
自分の感覚で過ごしてきました。

東北方面へのリハビリドライブもありました。
かねてから懸念事項であったベッドや粗大ごみ、一人で移動不可能な重量物の箪笥。

この懸念事項は解決しました。

ベッド(ベッドと言っても、二段式で上がベッドで下が勉強机になっているもの)は弟が貰ってくれると言うので譲渡完了。(とは言っても、欲しいと言ってから1年経っていますが…)

重量物の箪笥は弟が引き取りに来た際にお願いして移動、セッティングしてもらいました。(当然、手伝いました)

粗大ごみ(クローゼットの扉)これも弟にお願いして一階に降ろしてもらえばよかったのですが、当日はそこまで頭がまわらず…
これが非常に重かった。
何んとか車にも入って焼却場へ持って行き処分してもらいました。

ドライブと重量物の両方を体験して身体の変化と言うかダメージを…

ドライブについてはさほどのダメージは残りませんでした。
多少、首に疲労が残った程度ですぐに回復しました。

重量物については、これは良くないですね。
なかなかダメージが抜けません。

作業当日からダメージが出て身体全体的に倦怠感に襲われます。
この倦怠感がちょっと嫌な感じで、発熱時の倦怠感に似ていて嫌な感じが強いです。

翌日、翌々日と今度は筋肉痛が襲ってきます。
特に腹筋にきます。

本当に筋力がなくなったものです。
筋力と言うより筋肉がなくなったんですがね…

特にひどいのが臀部の筋肉ですね。
お尻の下の方がまったく見るに堪えない状況です。

語弊があるかもしれませんが、老人の臀部のようです。

体重は今朝現在で61kg程度まで回復しました。
退院時(5月9日)は52kg程度でしたので、約3か月で10kg程度回復しました。

そんなこんなでここへきて多少の焦りが出始めた気がします。
体重は確実に増加(回復)しているのに、体力面(筋力)が比例しない。
10月のラオスへ向けて不安が募ります。

焦っていますね。確実に…

でも、考えました。
筋力がないとなぜだめなのか?

ラオスでの指導が出来ない?
そんなことはありません。
当然、僕が見本を見せることは出来ないでしょうが伝えれば良いだけの事。

それだけのスキルは持っていると自負していますし、自信もあります。
当然、見本が見せられれば良いに越したことはありません。

ですが、これも僕が頂いた試練の一つなのでしょう。
出来る範囲で精一杯考え実行する。

ラオスで指導出来る事に感謝です。

きっと時期が来ればそれなりに身体も上向くのでしょう。
退院直後には思いももつかなかったドライブや重量物の移動を実行しようと思い立ったように、身体がきっとその時期になれば必要な事はきっと知らせてくれるはずです。

身体との対話を怠りなく、また、メンテナンスも抜かりなく。

寿命が何時かは分かりませんが、与えられた寿命は全うしたいです。
ましてや、ラオスの方々のお役にたてるのあればこの先の人生、良い人生です。


自分が幸せであれば人も幸せに出来る。

ちょっと最後の方はまた哲学っぽくなってしまいました。

前回の検査から一か月間にだいぶ動いた内容と体調に伴う気持ちの変化を書いてみました。
と書いてみましたが、焦りはまだ残っている煩悩の塊の羽根です。

本日もお付き合い、ありがとうございました。
多謝、羽根。

0 件のコメント:

コメントを投稿