予定

次回出場予定 2018年は未定です。地道に基礎体力を造っております。 ラオスにて障害者陸上を指導中

2017年11月25日土曜日

歴史的日

歴史的日になる出来事だと思います。
11/21—24の日程でAGITOS財団の方がドイツからラオスに来ました。
LPC
の抜本的改革です。※LPC(ラオスパラリンピック委員会)

LPCを国際スタンダードに合わせる機会に恵まれました。
ここが機能しないとパラリンピック出場もままなりません。
逆を言えば、パラリンピック出場に向け一歩前進したとも言えます。

AGITOS財団主催のワークショップ
NPC(各国パラリンピック委員会)の重要性など
我々の陸上競技も視察があり、選手の頑張りや才能、B標準をクリアしたことなどを伝え東京パラへ一人でも多く出場させラオス人はここまで出来るんだ!と世界にアピールしたいんだ!!と熱く伝えました。
AGITOS
さん曰く、しっかり練習していてコーチも素晴らしいと…(おー!僕のことね…)笑。

昨晩(24日)の深夜便にて仁川経由で帰りました。
それまでのフライト時間までADDP関係者と一緒に食事に呼んで頂き、いつもの癖で僕が普段から抱いている想いや哲学をAGITOSさんに熱く語ってしまいました。笑
(なんと通訳をADDP代表者にお願いするという暴挙…)

ここでも、想いは伝わるようでAGITOSさんもやはり障害当事者の言葉には重みがあると。(ADDP関係者も言ってくださいました)
最近は、徐々に障害当事者が重要ポストに付いてきているのが世界的な流れだとも言っていました。

それ以外にも様々な方面に話がはずみ、非常に有意義な時間でした。

ここでもAGITOSさんは、ラオスは素晴らしい国でご飯も美味しいとも言ってくださり、また一人ラオスファンが増えたかもしれません、笑。


AGITOSさんのフォローアップを受けてラオスが国際スタンダードに乗り、一人でも多くの選手が恩恵を受けられることを願います。

本日もご覧いただきありがとうございます。

多謝、羽根。

0 件のコメント:

コメントを投稿