予定

次回出場予定 2018年は未定です。地道に基礎体力を造っております。 ラオスにて障害者陸上を指導中

2013年6月16日日曜日

ティッピングポイント

この週末は異常な蒸し暑さで、練習時に我慢できなく裸で練習してしまいました。
当然、入浴時は大変だった事は想像が付く事でしょう。

9月のオランダ大会へ向け、再度基本体力の強化を始めました。
残念ながら、日曜日は雨の為、練習は回避しましたが…。
土曜日の補強練習が思った以上に効き、強い筋肉痛に悩まされていますが…。

以前、読んだ本の中にティッピングポイントがあります。
極々、簡単に言うと、小さなきっかけが大きな成果を得る…。と言った内容です。

僕は、障害者になって、再度、陸上競技に挑戦しました。
パラリンピック出場を目標に。

残念ながら、その夢は現段階では叶っていません。
夢は諦めなくても叶わない…!を地で行っています。

ですが、僕は違う方向でいい物を得られました。

障害者陸上ではパラリンピック、世界選手権以外にも、派遣条件の緩い大会があります。
縁、あって過去2回参加しました。(台北、UAE)

その大会を通じで、海外遠征の魅力に取り付かれました。
大会へ行く訳ですから、当然競技中心です。
チームを組んで、トレーナー、通訳、総務などもいます。

まぁ、言うなれば、全部お任せで行ける訳です。

でも、前回のUAEで自由時間に結構恵まれました。
幸いな事に、参加している監督さんも個人を尊重してくださる方でした。(2回とも同じ監督)

そのUAEで非常に貴重な体験が出来て、本当に幸運でした。
選手同士でドバイまで観光に行ったり、個人でタクシーでマーケットに行ったりと…。
団体行動のみの集団では出来ない体験でした。

そこで、全く英語が喋れない僕でも何とかなるもんだな~と…。
変な自信が付きました。

UAE遠征の翌年、マスターズ陸上のアジア大会が台北で開催されました。

その自信から、全くの個人手配で参加し、大会終了後も滞在し、違う地方も観光しました。
同じ漢字圏内の国で、尚且つ、親日で有名な台湾でしたからかも知れませんが…。

そこでも、やはり言葉はほとんど通じなくとも、何とかなるんだな~と再認識。

改めて自信がつき海外へ積極的に目を向けるようになりました。

その自信から、昨年末にアンコールワットを見たいと思ったのですが、
残念ながら時すでに遅く、高額チケットしかなく諦めました。

その辺を反省し、今年は暮れの28日~4日の期間でアンコールワット観光へ行ってきます。

選手としては目標には届きませんでしたが、
人生の幅を持たせてくれた事に本当に感謝です。

ひょっとすると、パラリンピックへ行っていたら、この人生の幅も見逃していたかも知れません。

人生、何が幸いするか分からない。ε- (ー ^ )


0 件のコメント:

コメントを投稿