予定

次回出場予定 2018年は未定です。地道に基礎体力を造っております。 ラオスにて障害者陸上を指導中

2013年11月12日火曜日

経験

「スポーツデザイン・マネジメントラボ」設立シンポジウム(11月10日開催)
に参加してきました。(慶應義塾大学日吉キャンパス協生館 3階)

Facebookで見かけたのですが、今回ばかりは厳しいと思い
不参加を決め込んでいました。

その後知り合いから招待を受けたのですが、敷居が高いと思い
ここでも不参加を決め込んでいて、不参加で返信しようとしたのですが
タイミングを逃し返事を出来ずに…。

その後、色々と考えていて…
ましてや、当日の天気予報は午後から雨。
雨なら練習は出来ないので行ってみたい気持ちもあるな~と。
諦めてみました。
・・・行ってみたい気持ちが多少あることに気付きました。

シーズン中ならきっと不参加は間違いない。
この時期だから迷うんだな~。

ならば、行ってみてダメならそれも経験だなと…。
ましてや、シーズンオフで練習も再開したばかりで
強度も上げられていない状況であるし…。

と、言うわけで参加してきました。
きっと招待してくださった方もビックリしたことでしょう。

この辺の空気読まない感が長所です。

電車で行こうか?悩みましたが、車で行きました。
駐車場の問題もありましたが、世間知らずの僕は
大学=広い敷地=無料駐車場完備と言う方程式があります。

残念ながら、駐車場は完備ですが有料で高額でした…。
参加料と思い自分自身を慰めたのは内緒です。
主催者、参加者、パネリストとそうそうたる方々です。
個人的には水野さんが来られると言う事が大きかった。
(個人的にmizuno製品愛用で、スパイクも特注してもらっていて
極々僅かだが株主でもある。)

やはり初めのうちは空気感に呑まれていた。
質問する方々も僕とは全く視点の違う内容で、厳しい感がヒシヒシと身に染みていた。

だが、僕に当てはまる内容が運よくあり、且つ、疑問点があり
質問する事に恵まれた。

発表者の方に鋭い質問だとの言葉も頂け気持ちも一気に楽になった。

その後、多少気持ちに余裕が出来て、冷静に内容を聞き、疑問点、意見を述べる機会に恵まれた。

最後の方のパネルディスカッションでの水野さんの発言が非常に
僕の思っている事とシンクロした。

先日の中央大学でプレゼンし優勝した内容とだ。
勝手に感慨にふけっていたのも内緒。

会も時間は多少オーバーであったが無事終了。
ここで、みなさんは名刺交換を行っていた。

何故だろうか?ここで弱気が一気に顔を覗かせた。
せっかくの水野さんとの名刺交換を自分から回避したのである。

勝手に、偉大すぎるから・・・と。

その後の懇親会にも身分不相応ながら参加。
車なので、残念だが一滴もアルコールは口にしなかった。

ここでもやはり気後れして、自分から積極的には出来なかった。
違いすぎる。
だが、途中で主催者さんが席を回ってくださり挨拶が出来て嬉しかった。
その後、皆さんも多少席を移動してくれ、話かけてくれて嬉しかった。

結構、質問したり、意見を言ったのが印象に残ったようだ。
きっと、何も発言していなければ印象度は違っていただろう。

会話の中でも、我々の普通が意外とインパクトがあったりと
改めて、我々現役選手、障害者の立場で発言することの重要性を
再認識できた。

ひとつビックリした事があって…
前回の中央大学でのプレゼン内容の一つを説明したら
まさにその議題はテーマとして議論していると…。

いや~本当にビックリしたと同時にとても嬉しかった。

本当の今回は貴重な体験だった。
メンバーの中には宇宙関係の方々もいて、非常に驚いた。
宇宙ですよ、ウチュウ、うちゅう・・・。

でもね、繰り返しになるけど
僕らにとって普通の事は相手には新鮮であったりと…

やはり視点は沢山あった方がいいんだな~と。
きっと、様々事を考え実行していき、本気で日本を良くして行こうと
考えている人たちの集団なんだな~と感銘しました。

僕のような人間でもウエルカムで迎えてくださったことに
改めて感謝です。

本当に貴重な体験、経験でした。
多謝。

0 件のコメント:

コメントを投稿