予定

次回出場予定 2018年は未定です。地道に基礎体力を造っております。 ラオスにて障害者陸上を指導中

2013年8月12日月曜日

熱い

酷暑ですね。
暑いより、熱いの方があっている気がする今日この頃です。

週末も熱かった。
土曜日は渡蘭にあたり、所属団体に提出義務がある健康診断に。
自費です。
いい金額ですね。

これで、提出して遠征不可になったらどうなるのでしょう?
航空券は発行済み。今回は諸事情でキャンセル不可のタイプのようです。
それはそれで楽しみですが…。

ちょっと脱線しました。

この熱さはどうなんでしょう?
と言っても文句を言ったところで涼しくなる訳でもありませんが・・・。

日曜日はギッツリと練習しました。
土曜日に出来なかった分も含めて…。

跳躍練習と補強を。
助走練習から中助跳躍まで。
12歩まで行い、12歩で1本ですがそこそこ納得出来る跳躍があったので良しとします。
その後、悩んだがハードル補強を行い終了。

気温も高く、非常に厳しい日でしたが何とか集中を切らさず出来たと思います。

当然、これだけの熱さなので、上半身は脱ぎます。
色々な意見があり、よく聞きます。
裸より、薄手のシャツを着たほうが涼しいと…。

確かに間違っていないと思います。
が、それはあくまでも発汗が通常の時の話だと思います。
我々のように、動いていて発汗も多い場合はシャツを着ていると、汗が乾きません。
なので、常に濡れているシャツを着ていると良くないです。

絶対に裸の方がいいと思います。

過去にUAEに行ったことがあります。
あの砂漠で湿度が低く、日差しが強烈な場合はシャツを着たほうが涼しく感じられます。

日本の高温多湿では、裸をお勧めします。
とは言っても、常に発汗状態下の場合に限りますが・・・。

当然ですが、日焼けも厳しく気温以上に熱く感じられると言うデメリットもありますが…。

まぁ、経験しみてくださいな。

ようは、如何にこの熱さをしのげるか?が重要です。
他人がいいと言うからいいのではなく、自分にあった方法を見つけることが重要かと…。

こんな炎天下で4時間以上練習するのも如何とは思いますが…。

よい子の皆さんは決して真似しないでくださいね。
ごく一部のオカシイ人がこんな炎天下で行う事ですから…。

0 件のコメント:

コメントを投稿