予定

次回出場予定 2018年は未定です。地道に基礎体力を造っております。 ラオスにて障害者陸上を指導中

2013年8月28日水曜日

NDL

すっかり朝晩は秋めいてきた今日この頃です。
日中は30℃も越えますが、湿度が低いので気温ほどは厳しさを感じません。

空気が入れ替わったようです。

先日ここで書いたオランダ遠征のフライトについて…
二転三転してようやく最終決定に至りました。

経路にも若干の変更が
行きは変わりなく、羽田~ドバイ~アムステルダム。
帰路に多少変更があり、アムステルダム~ドバイ~関空~羽田です。

業者さんが最善を尽くしてくれて、乗換えが一回増えたものの、ドバイでの
乗り換え待ちが6時間減りました。

そのお陰で、羽田着が5時間程度早くなり、羽田で夜を過す事が回避できそうです。

業者さんの手違いとはいえ、ご苦労でしたね。

関空も初めて行きます。
過去に勤めていた会社で、関空の埋立工事に携わった一人としては
また、違った思いもあります。

オランダ遠征のフライトに関してはこれで落着のようです。

話題はかわり…
海外移住についてですが、勉強不足でしたね。

マレーシアがいいな~と思っていたのですが、どうやら賃貸物件はほとんどが
年間契約で、月単位契約はだいぶ割高になるようです。

まあ、移住なら問題はないのですが、そこまでに至るに、お試しで少し住む。
と言う事が難しいと言うか、意外の出費になるようです。

ホテルに住むと言う選択肢も当然あり、僕レベルだと、ホテルの方が安くなる感じです。

そこで浮上してきたのがバンコクです。
月単位でも可能で、選択肢もあります。

医療技術もだいぶ高いようで、周辺国もバンコクに行くようです。

となると、バンコクをメインで過し、数週間は他国を訪問してみる。
とう言うのがいいのかもしれません。

だからといって、すぐに実行出来るわけでもなく、現在の仕事、住居、犬の問題。

別居中の家族の問題も当然ありますし。

まぁ、考えて行きますよ。

どのような人生を送るかは当然個人の自由です。

現況でいいと言うなら全然問題ないです。

でも、何かを犠牲にして生きるのも
好きな事を行って生きるのも人生。

選択できるのも自分自身。
諦めるのも自分自身。

人の為に生きるのではなく、自分自身のため。

他から見れば、単なる自己満足と言うか、わがままに写るかもしれない。

でも、死ぬ間際に「俺の人生、よかった~」と思えるようになりたい。

いつ死ぬはわからない。
そう、明日かも知れないし、100歳まで生きるかも知れない。

「よかった」と言う思いは自分自身がよく知っている。


0 件のコメント:

コメントを投稿